おまえちゃんの自慢のメインワールド。

歴史ある第一メイン【オマ国】

知らない方もいらっしゃると思いますが、これは「2代目」です。

1年で「旧」メインの開拓を打ち切り、今のワールドがあるわけですが

「旧」から得たたくさんのノウハウを盛り込んだ甲斐あって、長年の運用にも関わらず当分は現役を張れるワールドとなっております。

まだまだたくさん空き地がありますね。

ご存知の通り、メインでは長らく「8方面開拓」を主軸に開拓を進めてきましたが

最近はその8方面の老朽化(?)が目立つようです。

そこでこの度

開拓前線(フロンティア) の発掘に乗り出します。


開拓前線とは!

有志の申請した土地に長期間設定されます。

その間はエントランスと接続され、プレイヤーの入植を積極的に受け入れます。

ポイントは、時代が変わりいつか前線の開拓が終わって人が移っていけば、その時代の有志により新たな開拓前線が申請されるであろうという所。

BBSやわが町紹介だけでは維持が難しい「すぐ手に取れる鮮度の良い情報」

開拓前線は、ゲーム内にいるままに「今熱い町」を見つける助けになるはずです!

入ったばかりのプレイヤーにとって開拓前線は「はじまりの町」となることでしょう。

常に世界が変化し続けるMinecraftですから、常にあたらしい前線を張り、よりアクティブに開拓を進めていけたらと考えています!


開拓前線はどこか

住民の皆様のご協力無くしては、開拓前線を発掘するのは困難です。

  1. わが町紹介に開拓地を投稿する
  2. BBSにて有志が開拓前線の名乗りを挙げる
  3. その土地を開拓前線にする事についての議論をする
  4. 一定期間を経て、その場所が開拓前線となる(または、ならない)
  5. 一定期間経過ごとに更新の審議が発生
    プレイヤーがすでに移動していたり、管理者がいない場合は解除される

開拓前線においては、いかにして不特定多数の新規プレイヤーを受け入れるかが注目されることになるでしょう。

誰でもすぐにログインができるおまえちゃんサーバーにおいては、新規プレイヤーの中に時として荒らしのようなプレイヤーも存在します。

十分な対策や、わかりやすい導入口、土地の管理チームの協力体制が肝になっていくことが予想されます。

村の中心地からあえて前線を離し、解説等を充実させ動線をある程度管理できれば、既存の建築物との調整が容易になるかもしれませんね。


開拓前線の維持は難しいか

じつは、おまえちゃんサーバーにおいて今までずっと、ある種の開拓前線といえる場所が存在します。

資源ワールドですね!

期間を経て次々に新しい場所(ワールド)へ移っていき、そこでは最小限のエリア保護で不特定多数のプレイヤーの出入りをさばいています。

トラブルもあれど、付き合いつつ発達していきます。

開拓前線はなにも、管理チームだけの背負うものではありません。

人が集まるということは、他の土地に根付くプレイヤーにとっても多くの魅力が見出だせる場所・・

開拓前線の名乗りを挙げる方は、そういったことも念頭に置いてご検討いただければ、よりよい開拓が進むのではないでしょうか。

開拓前線は決して、突然降って湧いた難しい問題では無いということです!